生姜が浮腫みに良い理由とは?

生姜が浮腫みに良いと聞いたことがあると思います。なぜ生姜が浮腫みに良いのか?早い話しが生姜を摂ることで体が温まり代謝を良くなります。

浮腫みの根本的な原因の一つに体が冷えることがあります。それを生姜では改善できる期待が持てるからです。

体が冷えると必然と代謝量に影響がでます。代謝が悪い=体の巡り力が低下した状態です。

本来、人間の体はポンプ機能と呼ばれたものが働いています。血液は血管を通って体全体を流れていますが、ポンプ機能がしっかりと働かないと下半身に流れてきた血液が上手く上半身に戻っていなかいといったトラブルが起こります。

これが蓄積されてくるとやがて浮腫み症状としてふくはらぎ、脚がパンパン状態になるといった形になります。

ただし、ポンプ機能は筋力なども影響を与えてくるので体を暖めただけでは解消されない人もいます。そういった場合は運動をして下半身の筋力を鍛えることも大切。鍛えると聞くとハードなトレーニングを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、過度なトレーニングは必要ありません。

普段、エレベーターやエスカレーターを使っているならその部分を徒歩に変えるだけでも筋力はついていきます。

立ち仕事や座り仕事で長時間同じ姿勢をしている人は休憩がてらにストレッチやマッサージを行うだけでもだいぶ変わってきます。加えて生姜のような体を温めることができれば効果は倍増。

また体の巡りを良くするのは生姜だけではありません。ポリフェノールなど女性に欠かせない成分も不足してくると体の巡りに影響を与えてきます。これらの成分をバランスよく毎日摂ること。体を少しでも良いので動かすことを意識していれば自然と浮腫みに対抗できる筋力や体作りはできてきます。

MENU

Copyright (C) 生姜好き「30代OLカエデ」のしょうがないな〜日記 All Rights Reserved.